shopping05_m昨今、原子力や火力に変わるエネルギーとして自然エネルギーに注目が集まっていますが、その中でも一般家庭が取り入れる事の出来る自然エネルギーとして太陽光発電があります。
太陽光発電はその名称通り太陽の日照によって発電するので、設置する前にはトラブルを回避するためにもその家屋が太陽光発電の設置に適しているのかどうかをしっかり確認する必要があります。それを現地調査、もしくは事前調査などともいいます。
この調査で確認することは、まず屋根の状態です。
屋根の上がどうなっているかを定期的に確認している家庭は少ないと思いますshopping07_l。中には雨漏りで屋根のトラブルに気が付いたという家庭も少なくないかもしれません。
屋根の上は太陽電池のパネルを設置する場所なので、なんらかのトラブルが起きていないか、強度は大丈夫か、十分な面積があるのかどうかなどをしっかりと確認していくのです。
その中でも最も時間をかけるのは日当たりです。日当たりが悪いと満足いく発電量を得ることが難しくなるので重要な確認事項だといえます。
また確認することはそれだけではなく、電気配線なども確認事項となっています。
太陽光発電で生み出した電気量の情報を管理したり、電力会社に余った電力を買い取ってもらうための配線工事なども必要となるからです。
このように家屋外、家屋内においてしっかりとした調査が行われ設置に適しているか否かを判断するのです。