日照量は十分か

| 未分類 |

ソーラーパネルの設置を考えた場合では、居住している地域や、住宅の建っている環境などを十分に把握した上で設置を行うことが必要になります。ソーラーパネルの能力を最大限に活かすためには、一定の日照量と気温が大きく影響してきます。
各メーカーからも発表されていますが、居住している場所によってパネルを設置するための方角などがある程度決められているもので、施工する業者はなるべく定められた位置や角度調整を行うことをしています。その際には周囲の建物なども大きく影響することになり、日射量を十分に確保するためには、一定の技術も必要になります。例えば冬期間に雪が多く降り積もるような地域の場合では、屋根にソーラーパネルを設置しても、積雪によって十分な太陽光を浴びることができない場合もあります。しかし、設置する場所を屋根から庭などに変えることによって、逆に十分な日射量を確保できるというケースもあります。また、温暖な地域であっても、ソーラーパネルのモジュールの特性によって、高温になり過ぎてしまった場合では、十分な発電が見込めないというケースもあります。そのため、単に日射量を事前に知っておくことも必要になりますが、居住している住宅のスタイルに合わせたセッティングが大切になります。