太陽光発電を行う場合には、そのためのソーラーパネルの設置が不可欠となるわけですが、その際に問題になるのがその設置場所の面積と形状です。

また、その屋根がどちらの方角に向いているのかといったことも重要で、その方角しだいで、受けることのできる日照量というものが大きく変わってくるからです。

このために、ソーラーパネルを設置して太陽光発電を行おうとする場合には、ソーラーパネルの設置を予定している現場の調査が欠かせませないことになります。

設置を予定している場所の形状によっては、設置できない箇所が含まれている場合もあるために、それも含めて計算した設置面積がどのくらいあるのかによって、ソーラーパネルの設置枚数が決まってきますし、その方角によって実質的に発電できる時間数も変ってきますから、実際に設置の可能なパネルの枚数と方角による日照時間を割り出すために、事前に現場の調査をしっかりと行っておくことで、ソーラーパネルによる発電容量の見積りをしておかなければなりません。

この発電量の見積りによって、平均して毎日、どのくらいの電力を得ることができるかがわかってくるわけですから、実際に業者に依頼してソーラーパネルの設置工事を始める前に、発電量の見積り調査はしっかりと行っておく必要があるのです。